家族

肌に起こるトラブル予防|赤ちゃんを守るアトピー対策

赤ちゃんが飲みやすいもの

哺乳瓶

哺乳瓶を選ぶ時には、瓶の素材や乳首に注目しましょう。例えば瓶にはガラス製とプラスチック製があり、ガラス製は耐熱性に優れているためミルクが冷ましやすい特徴があります。また乳首の素材や形状によって、赤ちゃんのミルクの飲みやすさが異なってきます。

この記事を読む

お選びの際のポイント

乳児

赤ちゃんに水をあげるタイミングは、生後3ヶ月程度を目安としましょう。人肌に温めて哺乳瓶で少し飲ませる程度で十分です。理想的なのは赤ちゃん向けの商品です。赤ちゃんに適した弱アルカリ性、硬度が低い性質を満たしているからです。ただし、沸騰させるなど工夫を行えば、水道水でも基本的には問題ありません。

この記事を読む

肌トラブルと思ったら

赤ちゃん

解決方法とは

赤ちゃんは大人の肌よりもとても敏感な状態で生まれてきます。肌トラブルも非常に多いので、初産のママや赤ちゃんに関する知識がまだ少ないご家族は、最初びっくりすることもあるでしょう。赤ちゃんの肌トラブルはアトピーのもの、そうではない物と大きく2つに分類することができます。アトピーではないものの代表例として、乳児性湿疹があり、これはほとんどの赤ちゃんが発症する通過儀礼です。産後1か月ほどすると、徐々に赤ちゃんの肌ににきびのようなものが現れます。特に頬や額に集中するので、思春期性のニキビに類似しています。これは産道で浴びる女性ホルモンが原因のため、肌を清潔に洗うことで自然に完治していきます。出血を伴う場合は検診などで相談しましょう。

食物性の場合も

アトピーに悩まされるママが多いのも事実です。原因はなかなか特定できない事、母乳育児によってはママの食べたものに反応することもあるなど、原因はいくつも想定されます。免疫力がまだ低い上、離乳食に反応してアトピー性皮膚炎が出る場合もあるので、ついつい慎重になりがちです。かゆそうな我が子に狼狽することもありますが、成長と同時に緩和することがほとんどです。除去食やハウスダストの除去など推進されることはいくつもありますが、まずは小児科や皮膚科を受診し、悪化を防ぐようにしましょう。肌は悪化すると出血を伴ったり、掻くスペースが広まる事により症状が拡大することがあるためです。ステロイド治療をタブー視する方も居ますが、症状の緩和が優先措置です。

母親目線の商品選びとは

ベイビー

ベビーカーは赤ちゃんとの外出時には欠かせないアイテムですが、最近ではより機能が充実したものが売り出されています。機能が充実したものは多少値が張ることがありますが、予算や本人たちの希望に沿ったものをうまく選んでいくことが大切です。

この記事を読む