親子

肌に起こるトラブル予防|赤ちゃんを守るアトピー対策

赤ちゃんが飲みやすいもの

哺乳瓶

ガラスorプラスチック

哺乳瓶を購入する場合、まず注目したいのが瓶の素材です。瓶の素材は、大きくわけてガラス製とプラスチック製の2つにわけられます。それぞれ異なる特徴があるので、用途に応じて使い分けることが大切です。まずガラス製の哺乳瓶の場合、耐熱性に優れているという特徴があります。そのためミルクを冷ましやすく、急いで赤ちゃんにミルクを作って飲ませたいときに向いています。一方でプラスチック製の最大の特徴は、その軽さに存在しています。ガラス製だと重さがあるため、外出時に持ち歩くとどうしても荷物が重くなってしまいます。そこで、外出先ではプラスチック製の哺乳瓶を利用するのもいいでしょう。また赤ちゃんが自分で哺乳瓶を持って飲むときも、軽いプラスチック製が向いています。

赤ちゃんが飲みやすい乳首

哺乳瓶選びのポイントは瓶の素材だけではありません。赤ちゃんがミルクを飲むときに触れる乳首にこそ、哺乳瓶選びのポイントが隠されています。例えば哺乳瓶の乳首の素材には、天然ゴムやシリコンゴムなどが挙げられます。これらの素材の違いは、赤ちゃんの飲みやすさや、臭い、耐久性などに見られます。赤ちゃんが飲みやすい素材でも、臭いがあると飲むのを嫌がる赤ちゃんもいます。それぞれの状況に合わせて、どの素材の乳首がいいか考えていきましょう。また乳首の形状にも、選び方のポイントがあります。乳首の形状には丸穴の他、クロスカットやYカットがみられます。新生児向きの形状から、ミルクが上手に飲めるようになった赤ちゃん向けの形状があるので、赤ちゃんの成長に合わせて哺乳瓶の乳首を変えるのも効果的です。